躍進を続けるトップレベルのフランス人ジャーナリスト、女性クルド戦士を描く映画製作に

 

フランスの女性ジャーナリスト、ドキュメンタリー映像作家、そしてフェミニズム運動の先導者として高く評価されるキャロライン・フォウレストが、このたび映画監督としてデビューする。第一作のタイトルは『レッドスネーク』。クルド地区の女性戦士と世界中から支援にかけつけたボランティアの女性たちの生き様を描き、政治的な主張も込めた1本に仕上がる見込みだ。当作品は現在、撮影に向けて準備が着々と進んでおり、パレスドマルシェのレオ・メインデンバーグおよびカドゥール在住のジェド・ベン=アーマー(タラク・ベン=アーマーの息子)がプロデュースする。

この作品のストーリーは事実にもとづいて作成されている。ISIS(アイシス)に誘拐され、兵隊の性的奴隷となることを強要されたザラという名の(仮名)ひとりのヤシディ教信者である若い女性が主人公だ。ザラは命からがら女郎小屋から脱出し、「スネーク団」と呼ばれる命がけで原理主義者と闘う、世界中から結集した勇敢な女性たちの一員となる。

「スネーク隊」の一団と共に点々と旅を続けてゆく中で、ザラは他の女性たちとの絆を深めてゆく。ボロボロに傷ついたザラにずっと寄り添い、あれこれと面倒をみるリナ、いつもエネルギッシュなフランス系アルジェリア人のケンザ、「アメリカンスナイパー(アメリカの狙撃種)」の異名をとる信仰心の篤いアフリカ系アメリカ人…。そしてそんな一人の中には看護師として一団に加わったフランス系イスラエル人のヤエルがいた。

それぞれの女性が歩んできた人生はさまざまだが、彼女たちには過去に女性であるが故の困難に直面し、トラウマなどの精神的ダメージを背負って生きてきたという共通点がある。そして、全員である一つの目標を達成しようと闘っている。その目標とは、レイプや女性の奴隷化を平然とおこない、地元の若者をどんどん過激な思想の持ち主へと洗脳し続けている原理主義者の活動を止めることだ。「女性の手で殺されることは男にとって最大の恥辱であり、天国へゆくことさえできなくなる」という教えを信奉しているISISの兵士にとって、スネーク隊の女性戦士の存在はそれだけだけでも大きな脅威となりうる。

フォウレストは出演者の選出にも力を注ぎ、世界中から演技力に優れた著名なキャストを招いている。近年人気急上昇中のディラン・グゥインもそんな中のひとりだ。さらに、キャメリア・ジョルダナ、ジャスミン・トリンカ、ラザーネ・ジャマル、マーク・ライダー、コークマズ・アルスラン、ナナ・ブロンデル、アミラ・カザール、ゴールシフェット・ファラーニなどが出演者として顔を並べる。

キャロライン・フォウレストは今までに21作の社会的、政治的主張を持つドキュメンタリーを製作してきた。その彼女がこの『レッドスネーク』の構想に着手したきっかけは、2015年1月、パリで起きた「シャーリー・エブド社襲撃事件」だった。フォウレストは何十人に及ぶヤジディ教信者やクルド人戦士、ペシュメルガ(クルド自治区を守るために有志で結成された義勇軍)のメンバーやゲリラ兵士などと直接会い、入念なヒアリングと取材をもとにこの映画の脚本を執筆した。

「私は世界のさまざまな国から勇気を持って自発的にクルド人のISISに対するレジスタンス活動に合流し、活動する女性たちに大きな感銘と刺激を受けました。そしてこうした犠牲者としての現状に甘んじず、応戦しようという彼女たちの姿勢にも」。フォウレストはこう語る。

さらにフォウレストは、「この物語は現代の社会にしぶとく残る既成概念をうち破ろうという女性たちの力強さを描いたものです。こうした勇敢な女性たちが私たちのために最後の世界大戦の勝者となってくれるでしょう」とも述べています。キャロライン・フォウレストは、フランス国内では最も名誉ある賞の一つである「フランス芸術・文学賞」でナイトの称号を授与されています。

『レッドスネーク』を『ゼロダークサーティ』と『大地と自由』が融合したような作品であるとしながら、フォウレストは「この映画は強い女性を主人公にした政治的な作品でありながら、アクションシーンや一般の観衆が受け入れやすいシーンも盛り込まれており、世界中のあらゆる観衆に感動をもたらすでしょう」と自信のほどをのぞかせる。この作品では英語、フランス語、クルド語、アラビア語が縦横に飛び交う予定だが、有能な製作スタッフの手腕により観衆を混乱させないよう巧みにまとめあげられてゆくのだろう。そのクルーの中には、『マルコ・ポーロ』『コロンビアーナ』『Taken 2』で活躍したカメラマン、ロメイン・ラクーバスも参画している。

『レッドスネーク』の上映権はフランス2やイタリアの映画配給会社、イーグルなどからすでに予約を受けている。プロデューサーはフランスの上映権エージェントや配給会社とすでに交渉を進めている。

撮影は翌2月よりおこなわれる見通しだ。

 

Translated by Tomoyuki Iwata / 日本語翻訳 岩田朋之

 

 

Répondre

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l'aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion /  Changer )

Photo Google

Vous commentez à l'aide de votre compte Google. Déconnexion /  Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l'aide de votre compte Twitter. Déconnexion /  Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l'aide de votre compte Facebook. Déconnexion /  Changer )

Connexion à %s